ネイル検定

 

ネイル検定を受けたいと思っている人は、まずはネイリスト技能検定についての情報収集をする必要があります。そのうえで申し込みをして、検定を受けるにあたっての準備が必要です。ネイル検定を受ける場合には勉強なしで受けるというのは難しいので、勉強を十分にしたうえで受けて行きましょう。
まずはネイリスト技能検定の内容を知ることからですが、ネイル検定は3級から1級までレベルが分かれていて、3級は比較的合格率も高いことで知られています。基本的な内容がベースになっているテストで1級になるとかなり本格的なネイルの知識と技術が必要になってきます。ネイルアートがいま人気ですが、民間資格であったネイリスト技能検定が公的資格に変わるかもしれないといわれているほどです。
ネイル検定は筆記試験と実技試験が行われます。筆記試験の方は爪に関する衛生管理などの知識などが出題されますし健康について仕組みや消毒の方法なども出題されます。一方の実技試験についてですが、こちらはネイルのケアを見て行きます。ネイルをする前のケアがきちんと基本通りにできているのか、把握できているのかということを実技試験では確認されます。
ネイル検定は1年間に2回実施されていて、日本ネイリスト協会の検定試験1級はアメリカのネイルライセンス試験と同じくらいの難易度が高いレベルになります。1級をとってそれで終わりではなくて、その後協会認定講師資格を受験することも可能です。

ネイル検定に必要なグッズ

 

ネイル検定では何を使ってもいいというわけではなくて、決められた必要な道具が色々とあります。まずは基本となるネイルケアの用品としてですがこちらは消毒液がエタノールを用意しておくといいと思いますし、ウエットステリライザー、ウッドスティック、ユーティクルニッパー、メタルプッシャーがまずは必要になってきます。他にも絵メリーボード、それを入れるもの、コットン、ポリッシュリムーバー、液体のソープ、キューティクルクリームが必要です。
検定試験では赤ポリッシュを塗るので赤ポリッシュも必要ですし、フィンガーボールやトレー、ケア用の水を入れる容器、ネイルブラシ、ガーゼ、アームレスト、ペーパータオルなどが必要です。これをネイル検定を受ける際には決められた並べ方がありますから決められた並べ方に沿って並べておきます。
他にも検定の修正や補強をする際に必要な道具としては、ネイルニッパーやピンセット、チップカッターやシザー、チップ、ファイル、ラップ、アクリルリキッド、アクリルパウダーといったものなどが必要になってきます。
ネイル検定を受ける際のモデルの爪に万が一何かあった場合に、修正しなければいけない場合には修正してもいい数が決まっているので注意しましょう。
ネイル検定で最低限必要なものなどが一式そろっているネイルのキットなども販売されていますから、そちらを参考にしながら選ぶとスムーズに選べると思います。赤ポリッシュも色々な種類が販売されています。

ネイルのプロ

 

ネイルのプロになりたいと思っている女性は、今とても多いと言われています。ネイルのプロというのは、ネイリストと呼ばれているような人たちですが、ネイルのプロになるためにはどうすればいいのでしょうか。今ネイルサロンを開いている人というのは、色々な方法でネイルのサロンを開いていると思います。たとえば独学で勉強をしてネイルサロンを開いたいという人もいると思いますし、ネイルのスクールに通って卒業してから独立をすぐにしたという人もいます。またネイルスクールに通って、卒業してからしばらくはネイルサロンに勤めてから自分の店を持って独立したという人もいるのではないでしょうか。独立してネイルのプロになっている人の中で一番多いのはネイルスクールに通って、ある程度ネイルサロンで修行してから独立したという人になります。あまり自分で最初から独立をするという人は多くないようです。
ネイルのプロとしてサロンを開いてから、実際にお客さんを相手にするというのはなかなか難しいもので専門の知識も必要ですし、技術も必要になってくると思います。スクールで勉強しただけでは技術や知識を知っただけで身についたかどうかはわかりませんから、実践で経験を積んでからネイルのプロとして独立をしている人の方が多いのが特徴です。まずはネイルのプロとしての経験を積んだ上で、ネイルサロン開業に向けて頑張っていきたいと考えている人が大半ですからサロンで経験を積むことが大切です。